2016/10/22 アルミ製 カボチャランタンづくり

2016/10/22 アルミ製 カボチャランタンづくりのレポート

兵庫県の赤穂市に、新幹線のボティや電車の特殊パーツなどを造っている鉄工所「アコオ機工」があります。
ここの職人さんがこどもたちのために、余った材料で造ってくれたアルミ工作キット…それが、このカボチャのランタンです。
生のカボチャでできたランタンはすぐにダメになってしまいますが、アルミでできたカボチャは悪くなりません。
仕上げは和紙で行いますので、見た目も暖か。中にろうそくを入れる台もついている、本格的なジャック・オー・ランタンができました。

目的

日本のモノヅクリ×キミのアイデアで、世界に一つのアルミ製品をつくる。
材料は、電車の運転手さんたちが見ている計器と同じもの。
アルミを組み立てる。曲げる。といった作業は、ほとんどの子が初体験!もちろん保護者の方もなかなかできない体験だったと思います。少し難しかったり、硬かったり、立体を組み立てるパズルがうまくいかなかったり…試行錯誤をしながら1時間以上かけて作業してもらいましたが、頑張ったかいあってみんなのカボチャのランタンは、とっても丈夫で個性豊かに仕上がりました!
「もしかすると、キミの造るランタンの仲間のアルミは、今も日本のどこかで走っているかもしれないね!」と話をすると、こどもたちの眼もキラキラしていました。
和紙を貼る作業も大変でした。提灯職人さんとかの技術って、改めてすごいですね。

行程
  1. 素材の数を数えます。一つでも足りないとできません。
  2. アルミでフレームをつくり(この組み立て作業も頑張ります)
  3. 周りに和紙を貼って完成!
作品一例

他の作品も見る

思い思いの色を使ったり、顔を描いたり。可愛いカボチャが沢山できました!
「普段は集中力がないのに、ものすごく集中していました」なんて声も多数。
集中するって、楽しくて少しハードルが高いほうが簡単にできるものかもしれませんね。